読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

朔夜のほわほわ日記☆小説ブログ

小説と日記のブログです♪声優を目指しているミュージックバンカーのルピナス生です。朔夜夕佳(さくや ゆうか)と申します。よろしくお願いします((☆´∇)从(∇`★))

ここに載せている小説は、E☆エブリスタでも掲載しています。
新作小説「木精物語」  http://estar.jp/.pc/_novel_view?w=23759531
実況動画を始めました。  http://blog.with2.net/link.php?1778942
よろしくお願いします。

明日はホワイトデーですね🍫

ブログ

今日は2回目のツイキャスをやってました。

まだまだ慣れないのです。

もっときちんと話せるようにならないとですね('ω')ノ

 

明日はホワイトデーですね。

と言っても特に用事は無いのですが。

先週にバレンタインを貰った方にはお返しをしました。

こういうのは、きちんと返さないとですよね(#^.^#)

私は、お世話になってますチョコをお渡しするので、あんまりお返しとかは気にしないのですが、自分はちゃんと返さないとと思うタイプなのです。

礼儀は大切かなっと思います。

今年もあげたけど、返ってくるかなっとのんびり思いながら、今月の終わりまで過ごすつもりです。

 

最後にこの前食べたお肉を載せるのです。

f:id:sakuya-62:20170313231331j:plain

 

それでは、またです♪

 

 


人気ブログランキング

 

第14話Ⅰ

木精物語

――― 俺にはずっと一緒にいたい女の子がいて…

 

――― でも、今は一緒にはいられなくて…

 

――― 俺の事、嫌になっちゃったのかな…?

 

――― ずっと歌っていたいって言ってくれたのに…

 

――― もう、そう思ってくれないのかな…?

 

 


人気ブログランキング

第13話ⅩⅩⅤ

木精物語

少しした後、結界が無くなり、いつもの道に戻っていた。鳳さんが戻ってくると、やっぱり何もいなかったと教えてくれる。申し訳なさそうにしてたから、大丈夫だと言って宥めた。

 

明日から中間テストが始まる。ゲームの事も気掛かりだけど、勉強の方を優先しなくちゃいけなくなる。これから、どうなるんだろう?

 

 


人気ブログランキング

第13話ⅩⅩⅣ

木精物語

そんな事を考えてる内に昨日、一昨日と同じく、急に結界の中にいた。隣にいた鳳さんも驚いていた。彼女は、忍者の格好をしていた。クールな雰囲気の彼女にとても似合っている。

 

目の前に、前とよく似た化け物がいた。角のようなものが2本生えていたけど、やっぱり動きが遅くて、簡単に倒す事が出来た。化け物が消えたのを確認すると、鳳さんは「ここで待っていて下さい」と言い、屋根に上り回りの捜索を始めた。

 

 


人気ブログランキング

第13話ⅩⅩⅢ

木精物語

鳳さんとの帰り道。基本、誰かと帰る事が無いので、何を話せばいいのか分からない。鳳さんも終始無言だし、どうしたら良いのかな?

 

「ご迷惑でしたか?」

 

「えっ?」

 

申し訳なさそうに、話しかける鳳さん。

 

「無理に連れてきた事、怒ってますか?あの2人のどちらかと帰りたかったのではないかと思いまして」

 

さっきの事、無理やり引っ張ってきたと思ってるのかな?

 

 


人気ブログランキング

観劇&懇親会🍪

ブログ

昨日は観劇と懇親会でした。

白石加代子さんと佐野史郎さんの朗読劇「笑った分だけ、怖くなる」を見ていました。

朗読劇を初めて見ましたが、イメージしていたものと全然違っていて、すごく驚きました。

台本を読んでいるはずなのに、そんな風に全く見えない。

台本さえ小道具のように見えてしまうという感じで素晴らしかったです。

自分もあの様な物語や舞台を作れたらと思います(=゚ω゚)ノ

 

観劇の後は懇親会も行いました(#^.^#)

皆で1品持ちよりのご飯会です。

ですが、ほとんどご飯がありませんでした。

f:id:sakuya-62:20170307205009j:plain

まぁ、この写真を見たら分かりますが、お菓子パーティーの状態ですね( *´艸`)

でも、色々とお話し出来て楽しかったです。

また次回がありましたら、参加したいですね。

 

それでは、またです♪

 

 

 

第13話ⅩⅩⅡ

木精物語

「まぁ、アンタは運動神経が良いし、大丈夫そうよね」

 

「という訳で、今日は私が如月さんを送ります」

 

そう鳳さんが言うと、さっきまで喧嘩してた2人が反論を始めた。

 

「何でそうなるんだよ!?」

 

「そうだよ。僕達が話し合ってた意味が無いじゃないか」

 

「このままでは決まりそうもありませんでしたし。これ以上如月さんをお待たせするのもどうかと。という訳で、行きましょう」

 

そう言って、鳳さんは私を引っ張り教室から出た。2人の声が聞こえたけど、気にせず鳳さんは歩いて行った。

 

 

Future×Link Radio
☆第3,4週金曜23:00よりFM西東京(84.2MHz)にて放送中です♪
<公式HP> http://flr.webcrow.jp/
<お便りはこちらにお願いします> link@music-bunker.com
☆件名にStarチームと3.4目宛てを明記して下さい。
☆朔夜夕佳宛てにお便りお待ちしております!