朔夜のほわほわ日記☆小説ブログ

小説と日記のブログです♪声優を目指しているミュージックバンカーのルピナス生です。朔夜夕佳(さくや ゆうか)と申します。よろしくお願いします((☆´∇)从(∇`★))

ここに載せている小説は、E☆エブリスタでも掲載しています。
新作小説「木精物語」  http://estar.jp/.pc/_novel_view?w=23759531
実況動画を始めました。  http://blog.with2.net/link.php?1778942
よろしくお願いします。

第2話Ⅹ

隣から姉さんの声が聞こえる。ボクはそのまま、自室に戻った。桜の木精を連れてるのが、姉さんだと思わなかった。

 

今日の放課後に、ボクの下駄箱に入っていたこの箱。中には真ん中に水晶が付いてる矢の形をした飾りが付いたブレスレットとこの紙。

 

『桜の持ち主の首飾りを奪えたら、君の願いを叶えてあげる』

 

冗談かと思ったけど、シラカバっていう木精が出てきて、色々教えてもらって信じる事にした。

 

「姉さんが、見えたからなんてさぁ、ありえないんだけど。昨日は、何も言ってくれなかったし。それに、姉さんは、普通の人なんだけど」

 

「あの方は、昔にサクラの木精と一緒にいた方と似ておりますわ。もしかしたら、そのせいかもしれませんわね」

 

「なんだそれ?姉さんが、昔の誰かの生まれ変わりとか言うのか。絶対ありえないって、そんな事」

 

「そうでしょうか?」

 

「絶対そうだって」

 

そうであってほしい、じゃないと姉さんをもっと遠くに感じそうで嫌だ。

 

「はぁー、何でよりにもよって姉さんなんだよ」

 

ボクはその場に座り込んだ。

 

他の人ならいくら傷付こうが構わない。そんな奴倒して、ボクの願いを叶えるって思ってたのに…

 

姉さんだけは、傷付けたくない。あの人は、唯一ボクを救ってくれた人だから…

 

「もう寝よう」

 

「はい、分かりましたわ」

 

本当にどうしようか…?叶えられるなら、叶えて欲しい。ボクの願いを…

 

 


人気ブログランキングへ

広告を非表示にする
妖精達の夢物語
(ようせいたちのゆめものがたり)
☆毎週土曜22:00より調布FM(83.8MHz)より放送中♪
<公式HP>http://music-bunker.com/yousei/
<お便りはこちら>yousei@music-bunker.com