読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

朔夜のほわほわ日記☆小説ブログ

小説と日記のブログです♪声優を目指しているミュージックバンカーのルピナス生です。朔夜夕佳(さくや ゆうか)と申します。よろしくお願いします((☆´∇)从(∇`★))

ここに載せている小説は、E☆エブリスタでも掲載しています。
新作小説「木精物語」  http://estar.jp/.pc/_novel_view?w=23759531
実況動画を始めました。  http://blog.with2.net/link.php?1778942
よろしくお願いします。

第3話Ⅶ

私は鞄から、理事長から預かった本を出した。

 「この本の事で、理事長にお話がありまして…」

「その本…」

本を見た途端、彼は驚いたような顔をした。

「それ、理事長からもらったのか?」

「えっ?あっ、はい。もらったというか、預かっているんですけど」

「じゃあ、お前が…」

彼がいきなり首のチョーカーを外し、上に投げた。すると、いきなり彼の姿が変わった。RPGに出てきそうな剣士の格好になったと思ったら、十字架の付いた大きな剣を持っている。
 
次の瞬間、私の横に風が吹いた……

何かと思ったら、剣が横にあった。あったというか、横の柱に刺さっている。彼が横の柱目掛けて、剣を刺したんだと、今やっと理解した。しかも、さっきまで降っていた雨音がしなくなっている。

「避けないんだな。それとも、俺が当てないって分かってたのか?」

動けなかっただけ。いきなりの事で、頭が追いつかなかった。

驚いて固まっていたら、首飾りからサクラが出てきた。私を庇うように、両手を目一杯広げて。

 

 


人気ブログランキングへ

広告を非表示にする
妖精達の夢物語
(ようせいたちのゆめものがたり)
☆毎週土曜22:00より調布FM(83.8MHz)より放送中♪
<公式HP>http://music-bunker.com/yousei/
<お便りはこちら>yousei@music-bunker.com