読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

朔夜のほわほわ日記☆小説ブログ

小説と日記のブログです♪声優を目指しているミュージックバンカーのルピナス生です。朔夜夕佳(さくや ゆうか)と申します。よろしくお願いします((☆´∇)从(∇`★))

ここに載せている小説は、E☆エブリスタでも掲載しています。
新作小説「木精物語」  http://estar.jp/.pc/_novel_view?w=23759531
実況動画を始めました。  http://blog.with2.net/link.php?1778942
よろしくお願いします。

第5話Ⅻ

「あの、私は何とも無かったですし。そんなに怒らなくてもいいですよ」

「んっ!おぉ、春菜殿か。これは失礼した」

「そういえば、如月はこいつを見るの初めてだったよな」

「うん」

「こいつは松の木の木精だ。俺のパートナーってところだな」

「以後、よろしく頼む」

「言っておくが、こんな見た目してるけど、一応女の木精だからな」

武士の恰好をしてるから、男性だと思った。カッコいい女の人なんだね。

「長い時間付き合わせて悪かった。嫌な思いもさせたみたいだしな、ごめん」

「ううん、そんな事ない。楽しかったし」

「そう言ってくれると助かる…。それじゃあ、俺帰るから」

そう言って立ち去ろうとした悠君が、足を止めて戻って来た。何かあったのかな?

「そういや、さっき買ったの忘れてた。これ、やる」

手渡されたのは、缶コーヒーだった。何でと聞く前に、またさっさと帰って行った。そんなに急いで帰る事ないのに。また明日と言いそびれてしまった。明日になったら、学校で会えるんだからいいよね。そんな事を考えて缶コーヒーを飲みながら、私も帰路についた。

 

 


人気ブログランキングへ

広告を非表示にする
妖精達の夢物語
(ようせいたちのゆめものがたり)
☆毎週土曜22:00より調布FM(83.8MHz)より放送中♪
<公式HP>http://music-bunker.com/yousei/
<お便りはこちら>yousei@music-bunker.com