読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

朔夜のほわほわ日記☆小説ブログ

小説と日記のブログです♪声優を目指しているミュージックバンカーのルピナス生です。朔夜夕佳(さくや ゆうか)と申します。よろしくお願いします((☆´∇)从(∇`★))

ここに載せている小説は、E☆エブリスタでも掲載しています。
新作小説「木精物語」  http://estar.jp/.pc/_novel_view?w=23759531
実況動画を始めました。  http://blog.with2.net/link.php?1778942
よろしくお願いします。

第6話Ⅻ

木精物語

彼女は泣きながら、笑っていた。

「あの…、名前を聞いてもいい?」

「まだ、名乗って無かったわね。あたしは斎藤彩華(さいとうあやか)。あなたの隣のクラスにいるわ」

結界がいきなり壊れた。斎藤さんを見ると、手をグッと握っていた。

「如月さん、あなたにあげるわ」

握っていた手を私の方に伸ばし、手を開くと中には、リンゴの形をした飾りで葉の部分は丸くエメラルドの宝石が付いたイヤリングがあった。

そのまま受け取ると、前と同じく、青い石が光り、リンゴの形をした飾りだけが吸い込まれていった。エメラルドの宝石だけになったイヤリングを返す。

「ホント、変な子ね。さっきの彼を追いかけたら、結構時間も経ってるし。あたしは大丈夫よ」

「でも…」

さっき肩に怪我をしたはず、傷は残らなくても痛みは残るし…

「いいから行きなさいよ!あたしの事はほっといて!」

「はい…!」

怒鳴られたのに驚いて、つい逃げてしまった。駄目だな、私…

とりあえず、悠君を見つけて話をしないと…

 

 


人気ブログランキングへ

広告を非表示にする
妖精達の夢物語
(ようせいたちのゆめものがたり)
☆毎週土曜22:00より調布FM(83.8MHz)より放送中♪
<公式HP>http://music-bunker.com/yousei/
<お便りはこちら>yousei@music-bunker.com