朔夜のほわほわ日記☆小説ブログ

小説と日記のブログです♪声優を目指しているミュージックバンカーのルピナス生です。朔夜夕佳(さくや ゆうか)と申します。よろしくお願いします((☆´∇)从(∇`★))

ここに載せている小説は、E☆エブリスタでも掲載しています。
新作小説「木精物語」  http://estar.jp/.pc/_novel_view?w=23759531
実況動画を始めました。  http://blog.with2.net/link.php?1778942
よろしくお願いします。

第9話Ⅴ

着替えた部屋を出ると、男の人と女の人がいた。年はどちらも40代前半くらい。

「君が彩華ちゃんのお友達?」

「はっ、はい。初めまして、如月春菜といいます」

「紹介するわね。このお店を経営してるあたしの伯父と伯母よ」

この喫茶店は個人経営で、彩華さんの母方の姉夫婦のお店だと説明された。アルバイ

雇ったのは、彩華さん以外で私が初めてらしい。あれっ、じゃあ、今までどうしてたの?

「いい子そうで良かったわ。彩華ちゃんずっと友達がいなかったから、すごく心配してたのよ」

「そうだね。いきなり、アルバイトに誘いたい子がいるって言われた時は、僕達もびっくりしたよ」

穏やかに話す2人は、とても優しそうな人達だった。というか、今の会話だと人手が足りないわけじゃないって事になる。なら、どうして私は呼ばれたんだろう?

「いきなりばらさないでよ。色々あるの、春菜も疑問に思わないで。それに、もう子供

じゃないんだから、友達くらい連れて来れるわよ!」

「ふふふっ。高校生なんて私達からしたら、まだまだ子供よ。如月さん、この子とこれからも仲良くしてあげてね」

「はい!」

 

 


人気ブログランキングへ

広告を非表示にする
妖精達の夢物語
(ようせいたちのゆめものがたり)
☆毎週土曜22:00より調布FM(83.8MHz)より放送中♪
<公式HP>http://music-bunker.com/yousei/
<お便りはこちら>yousei@music-bunker.com