朔夜のほわほわ日記☆小説ブログ

小説と日記のブログです♪声優を目指しているミュージックバンカーのルピナス生です。朔夜夕佳(さくや ゆうか)と申します。よろしくお願いします((☆´∇)从(∇`★))

ここに載せている小説は、E☆エブリスタでも掲載しています。
新作小説「木精物語」  http://estar.jp/.pc/_novel_view?w=23759531
実況動画を始めました。  http://blog.with2.net/link.php?1778942
よろしくお願いします。

第9話Ⅵ

それから、お店が開店してから閉店までバタバタと1日が過ぎていった。初めてのアルバイトに、私は完全に疲れ切って机にぐったりとしていた。

「お疲れさま」

そう言って、紅茶を持って来てくれたのはおばさんだった。クスクスと楽しそうに、笑っている。

「そんなに疲れた?」

「あっ、すみません」

こんな所で休んでたら、片付けの邪魔になってしまう。自分の体力の無さをちょっと恨めしく思う。

「良いのよ。今日は頑張ってくれたし」

「そうそう。ちょっと休憩したって怒んないわよ。もう閉店してるんだから」

彩華さんがケーキを2皿持って来て、私の向かいに座った。私の前にケーキの皿を置く。

苺タルトが乗っていた。苺たっぷりの可愛らしいケーキだ。今月の期間限定スイーツらしい。

「あなたの分は勝手に決めさせてもらったわ。これでも食べて元気出しなさいよね」

「ありがとう。ちょっと疲れただけだから、大丈夫」

「そう。それじゃあ、本題に入るわ。今日、春菜をアルバイトに誘ったのはね、あなたとゆっくり話がしたいと思ったからなのよ」

「話…?」

お昼休みには他の人がいるし、一緒に帰ったりとかした事が無かったから、こうやって2人っきりで話すのは、あの戦いの後以来だ。

 

 


人気ブログランキングへ

広告を非表示にする
妖精達の夢物語
(ようせいたちのゆめものがたり)
☆毎週土曜22:00より調布FM(83.8MHz)より放送中♪
<公式HP>http://music-bunker.com/yousei/
<お便りはこちら>yousei@music-bunker.com