読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

朔夜のほわほわ日記☆小説ブログ

小説と日記のブログです♪声優を目指しているミュージックバンカーのルピナス生です。朔夜夕佳(さくや ゆうか)と申します。よろしくお願いします((☆´∇)从(∇`★))

ここに載せている小説は、E☆エブリスタでも掲載しています。
新作小説「木精物語」  http://estar.jp/.pc/_novel_view?w=23759531
実況動画を始めました。  http://blog.with2.net/link.php?1778942
よろしくお願いします。

第10話Ⅳ

コイツが来たのは、2週間くらい前。学校内での事だ。

「おい、お前。…って、無視するな!人が呼んでるんだから、返事しろよ!オイッ、オイってば!」

ぎゃあぎゃあうるさい奴がいるなとその時は思うだけだった。ボクの腕が掴まれるまでは…

「無視するなって言ってるだろう!」

「あっ、ボクだったのか。他の人だと思ったよ。それより、その手を放せ」

「お前が無視するからだろう!」

「話は聞いてやるから、とにかく放せ」

「分かったから、怒るなよ。お前、見た目は美人なのに怖いな」

とりあえず、手を放したか。いきなり、失礼な奴だな。

「それで、何の用だ?」

「お前もゲームの参加者だよな」

「何でそれを知ってるんだ?」

「それは教えられないんだよな。秘密って事で」

ヘラヘラしてて胡散臭い奴だな、出来れば関わりたくないが。お前もとか言ってたな、コイツも参加者なのか。

「お前、如月春菜さんの妹なんだろう。あの女の弱点とか知らないか?」

「知らない」

「嘘つけ。あの女の妹なんだから、苦手な物の1つでも知ってるはずだろ」

「知らないものは知らない。知ってても、お前に教える義理は無い」

「良いじゃんか。減るもんじゃないし。なぁ、教えてくれよ。なぁなぁ?」

 

 


人気ブログランキングへ

広告を非表示にする
妖精達の夢物語
(ようせいたちのゆめものがたり)
☆毎週土曜22:00より調布FM(83.8MHz)より放送中♪
<公式HP>http://music-bunker.com/yousei/
<お便りはこちら>yousei@music-bunker.com