読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

朔夜のほわほわ日記☆小説ブログ

小説と日記のブログです♪声優を目指しているミュージックバンカーのルピナス生です。朔夜夕佳(さくや ゆうか)と申します。よろしくお願いします((☆´∇)从(∇`★))

ここに載せている小説は、E☆エブリスタでも掲載しています。
新作小説「木精物語」  http://estar.jp/.pc/_novel_view?w=23759531
実況動画を始めました。  http://blog.with2.net/link.php?1778942
よろしくお願いします。

第10話Ⅶ

「おーい!俺を忘れるなよ。置いてくなんて、酷いじゃないか!」

 

忘れてた、コイツがいたんだった。今にも泣きそうな顔でやってくる。うわー、面倒臭せー。

 

「誰?」

 

無視すればいいのに、姉さんが声を掛けてしまった。さっきまで泣きそうだったのが、一転して満面の笑みに変わった。嘘泣きだったのか?

 

「雪の友達だ!」

 

「嘘をつくな」

 

「そうなの?」

 

姉さんは意味が分からないと首を傾げている。こんな奴の言葉なんて信じなくていいのに。すげー胡散臭そうな顔してるし、信用出来ないタイプだろう。まぁ、姉さんは基本他人を疑ったりしないからな。

 

「コイツは姉さんに興味がある不審者だ。絶対近付くなよ」

 

また首を傾げてる。意味が分からないって感じか。

 

「酷い言われようだな。俺は桜井蓮。3年だから、君の先輩だな。よろしく、春菜さん」

 

「よろしくお願いします」

 

いつもとは違って、まともな挨拶をしていた。ボクの時は何だったんだ?握手まで交わして、至極丁寧だ。そう思っていたら、桜井蓮が急に手を引いて、体勢を崩した姉さんをギュッと抱きしめた。…って何やってんだ?

 

 


人気ブログランキングへ

広告を非表示にする
妖精達の夢物語
(ようせいたちのゆめものがたり)
☆毎週土曜22:00より調布FM(83.8MHz)より放送中♪
<公式HP>http://music-bunker.com/yousei/
<お便りはこちら>yousei@music-bunker.com