読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

朔夜のほわほわ日記☆小説ブログ

小説と日記のブログです♪声優を目指しているミュージックバンカーのルピナス生です。朔夜夕佳(さくや ゆうか)と申します。よろしくお願いします((☆´∇)从(∇`★))

ここに載せている小説は、E☆エブリスタでも掲載しています。
新作小説「木精物語」  http://estar.jp/.pc/_novel_view?w=23759531
実況動画を始めました。  http://blog.with2.net/link.php?1778942
よろしくお願いします。

第10話Ⅷ

木精物語

「ずっと会いたかった」

 

「……」

 

案の定、姉さんは固まっていた。そりゃあ、いきなり男に抱き付かれたらビックリするよな。そんな事よりもだ!

 

「いい加減、放せ!」

 

「ぐはっ…」

 

桜井蓮が姉さんから手を放し、ぶっ倒れた。ボクがコイツの顔を思いっきり殴ってやったからだけど、ちゃんとグーで。

 

「姉さんにちょっかい出すな。次はこれだけじゃ済まさない」

 

「こんなんただの挨拶じゃないか。そんなに怒らなくても…」

 

起き上がりながら、ぶつくさと文句を言っている。まだ懲りないのか。

 

「ほー、今のじゃ足りなかったか」

 

手を鳴らしながら、もう一発お見舞いしてやろうかと近付く。桜井蓮は怯えながら、後ずさる。

 

「悪かったって!もうしないから許してくれ!」

 

仕方ない、今回は許してやるか。コイツよりも姉さんだ。さっきから黙ったままだけど、まだ固まってるのか。

 

「姉さ…」

 

「どうしたんだ、そんな所で固まって?」

 

別の男の声がした。声の方を見ると、桜井悠がいた。

 

何でここに?コイツは弓道部員じゃなかったはず。

 

 


人気ブログランキングへ

広告を非表示にする
妖精達の夢物語
(ようせいたちのゆめものがたり)
☆毎週土曜22:00より調布FM(83.8MHz)より放送中♪
<公式HP>http://music-bunker.com/yousei/
<お便りはこちら>yousei@music-bunker.com