読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

朔夜のほわほわ日記☆小説ブログ

小説と日記のブログです♪声優を目指しているミュージックバンカーのルピナス生です。朔夜夕佳(さくや ゆうか)と申します。よろしくお願いします((☆´∇)从(∇`★))

ここに載せている小説は、E☆エブリスタでも掲載しています。
新作小説「木精物語」  http://estar.jp/.pc/_novel_view?w=23759531
実況動画を始めました。  http://blog.with2.net/link.php?1778942
よろしくお願いします。

第12話Ⅺ

木精物語

泣かないように無我夢中で走ってたら、あたしが働いてる喫茶店近くの公園まで来ていた。夕方だからなのか、カップルが多いわね。見てると余計落ち込むわ。走ってる間に涙も引っ込んじゃったし、帰ろうかしら?

 

改めて考えると、あたしなんて事をしてるのかしら。今日誘ったのはあたしだし、鳳さんにも協力してもらったのにこの体たらく…。考えるだけで自己嫌悪に陥りそうだわ。

 

まったく、リンゴの言う通りよね。臆病で小心者…、春菜の様にはなれないのよね。

 

大きな溜息をついて、家に帰ろうと思ったら、後ろからあたしを呼ぶ声が聞こえた。後ろを振り返ると、息を切らせて追いかけてきた朝比奈君がいた。

 

「斎藤さんって意外と足が速いんだね。追い付くのに苦労したよ」

 

何で追いかけてくるのよ?呆れて帰ったと思ったのに…

 

「なんで…?」

 

「泣きそうになってるのに、ほっとけないよ。ここじゃなんだし、ちょっと歩こうか」

 

あたしは小さく頷き、歩き出した。追いかけてくれるなんて、思わなかった。あの子の為だとしても、嬉しく思ってしまうのは彼の事がやっぱり好きだからなのよね。

 


人気ブログランキングへ

 

広告を非表示にする
Future×Link Radio
☆第3,4週金曜23:00よりFM西東京(84.2MHz)にて放送中です♪
<公式HP> http://flr.webcrow.jp/
<お便りはこちらにお願いします> link@music-bunker.com
☆件名にStarチームと3.4目宛てを明記して下さい。
☆朔夜夕佳宛てにお便りお待ちしております!